So-net無料ブログ作成
検索選択

身障者の性 映画 セッションズの秘密 [映画]

身障者の性 映画 「セッションズ」 の秘密

ベン・リューイン監督作品「セッションズ」のあらすじ

6歳で罹ったポリオが原因で首から下が麻痺してしまったマーク。

重度の呼吸障害を抱える彼は、自らが「鉄の肺」と呼ぶ巨大な呼吸器の中に横たわり、一日の大半を過ごしている。

唯一「鉄の肺」から解放されるのは、派遣ヘルパーが付き添ってストレッチャーベッドごと移動する数時間の散歩のみだ。

それでもマークは自分の人生を全く悲観していない。

38歳になり、若くて美しいヘルパーのアマンダに恋をしたマークは、健常な男性であれば誰でもが思い描く、“愛する女性と精神的にも肉体的にもつながりたい“という願いを抱くようになる。

神父やヘルパーに励まされ、思い切ってセックスセラピストの“セッション”を受けることを決意したマークだったが・・・。

6歳のときにかかった「小児まひ」が原因で、首から下がまったく動かなくなってしまったアメリカ人男性(故人)の実話に基づいた物語です。

深刻な問題を、ラブコメタッチの流れに変えて、優しさとユーモアのオブラートで包んでいるところが、この作品の最大の魅力になっています。


sessions.jpg

予告編 ↓ ↓ ↓

http://youtu.be/3EJ5QtgK0p8
広告スペース
Copyright © 秘密の日記帳 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。